ブラックカラントの育て方 カシスの栽培方法

ブラックカラントの育て方 カシスの栽培方法

ブラックカラントの育て方 カシスの栽培方法 ブラックカラントは スグリ科 スグリ属 に属する果樹になります ブラックカラントは、クロスグリ(黒酸塊)、クロフサスグリ、カシス、 などとも呼ばれており、英語読みでは「ブラックカラント」、フランス語読みでは「カシス」と呼ばれております。 樹形は落葉低木になり、樹高は1.5メートル程度に育ちます。 果実は小さな濃い紫色の球形で、房のように連なって実がなります。 ブラックカラントは、レッドカラントと同様に、病気や害虫に強く、育てやすい植物になり、特にヨーロッパでは人気のある果樹になります。 ブラックカラントの実は、酸味が強く生食向きではありませんが、ジャ … “ブラックカラントの育て方 カシスの栽培方法” の続きを読む

レッドカラントの育て方

レッドカラントの育て方

レッドカラントの育て方 レッドカラントは スグリ科 スグリ属 に属する果樹になります 和名では フサスグリ(房酸塊)、または アカフサスグリ と呼ばれています。 樹形は落葉低木になり、樹高は1メートル前後に育ちます。 果実は小さな赤色の球形で、房のように連なって実がなります。 フランスでは別名グロゼイユと呼ばれ、ラズベリーやブルーベリーなどのベリー系の植物と同様に、病気や害虫に強く、育てやすい植物になり、特にヨーロッパでは人気のある果樹になります。 レッドカラントの実は、宝石のルビーの様な色合いに似ています。 酸味が強く生食向きではありませんが、ジャムやゼリー、果実酒などの加工に人気があります … “レッドカラントの育て方” の続きを読む

ドラゴンフルーツの育て方

ドラゴンフルーツの育て方

ドラゴンフルーツの栽培 ドラゴンフルーツ(dragon fruit)は、サボテン科 ヒモサボテン属 に属する植物になり、中南米(メキシコ)の熱帯雨林が原産の果樹(サボテンの仲間)になります。 英語では、Pitaya(ピタヤ)とも呼ばれ、果皮は赤色、または黄色をしています。 果肉は、白色、黄色、赤色、など数種類があり、ホワイトピタヤ、イエローピタヤ、レッドピタヤなどとも呼ばれています。 また、果肉には胡麻状の種子がたくさん含まれており、キウイフルーツと似た食感になります。 日本でも沖縄や九州などの温暖な地域では、ドラゴンフルーツの栽培がおこなわれております。 最近では園芸コーナーなどで、ドラゴン … “ドラゴンフルーツの育て方” の続きを読む