ローズマリーの育て方 | ハーブの栽培方法

ローズマリーの育て方

ローズマリーの育て方 ローズマリーは、シソ科の 多年草に属するハーブ品種の仲間になります ローズマリーは多年草なので、一度植え付けてしまえば株の更新などの手入れ次第で、何年でも栽培を継続することのできるハーブ品種になります。 ローズマリーには、主に立性(たちせい)と這性(はいせい)の二品種があり、 立性(たちせい)品種は枝が垂直に伸びるように成長するのに対し、 這性(はいせい)品種は枝が匍匐して広がるように成長するのが特徴になります。 剪定等の手入れの負担を軽減させたいのであれば、垂直に伸びて育つ立性品種は手入れが楽になります。 匍匐性の品種は、吊鉢などでは高い所から低い所へ枝が垂れるように栽 … “ローズマリーの育て方 | ハーブの栽培方法” の続きを読む

チャイブの育て方 | ハーブの栽培方法

チャイブの育て方

チャイブの栽培 西洋アサツキとも呼ばれるネギの仲間 チャイブは、日本で言う所の「ネギ」に似ているハーブの仲間になります。 和名では「西洋アサツキ」とも呼ばれ、ハーブ栽培の初心者でも簡単に育てられるハーブの種類として知られています。 チャイブは、ユリ科に属するハーブで、育て方としては多年草なので、 一度植え付けてしまえば手入れ次第で毎年、たくさんの葉の収穫を楽しむことが出来ます。 チャイブの栽培の楽しみ方としては、葉が伸びてきたら切って収穫、そして葉が再び伸びては切って収穫と言った具合に、 チャイブは生命力に溢れ、いくら葉を収穫しても葉が再びどんどん伸びだしますので、葉の収穫と食べることを大いに … “チャイブの育て方 | ハーブの栽培方法” の続きを読む

オレガノの育て方 | ハーブの栽培方法

オレガノの育て方

オレガノの栽培 オレガノは、シソ科に属するハーブの仲間になります 多年草なので、一度植え付けてしまえば、栽培の環境や方法によっては何年でも栽培が持続可能です。 また、オレガノは「ワイルドマジョラム」とも呼ばれています。 オレガノの特徴としては、葉からはこすったりしても香りがほぼしませんが、 食用として口に含むと、ピリッとした風味が特徴的になり、スパイスの仲間として紹介されるケースも多いです。 しかし、スパイスの定義は一般的に木になる実や結実した種を使います。 対してオレガノは葉を利用する為、正確にはハーブ品種の部類に属するのが正しいです。 オレガノの葉は、イタリア料理で有名なピザに振りかけたり … “オレガノの育て方 | ハーブの栽培方法” の続きを読む

バジルの育て方 | ハーブの栽培方法

スイートバジルの育て方

スイートバジルの栽培 バジルの品種紹介 バジルには何種類かの品種がありますが、園芸コーナーなどで販売されている一般的な食用のバジルは、スイートバジルと呼ばれています。 スイートバジルは、シソ科の1年草になりますので、春先に植えた種から苗が育ち、秋口には枯れてしまします。 特別なビニルハウスでのバジル栽培は、季節を問わず年間を通して行えますが、一般的な家庭菜園でのバジルの栽培は、春から秋までの期間になります。 バジルの葉は、最もポピュラーな料理の使い方としましては、マルゲリータピザに葉を乗せたり、葉を細かくしてバターに混ぜたりと、その個性的な風味は多くの人に好まれています。 バジルの葉はピザのマ … “バジルの育て方 | ハーブの栽培方法” の続きを読む

スペアミントの育て方 | ミントの栽培方法

スペアミントの育て方

スペアミントの育て方 スペアミントの品種の紹介 スペアミントは、シソ科に属する多年草のハーブになり、数あるミント品種の内のひとつになります。 多年草とは、春夏秋冬で例えるとすれば、 春に芽吹いて、夏に葉の茂る枚数は最盛期を迎え、開花のシーズンが終わる秋口になると茎や葉は段々と枯れ出し、冬には地表面はほぼ枯れ果てる、そして再び春に芽吹いて・・・と言った成長サイクルを繰り返す植物になります。 その為、一度苗を植え込んでしまえば、手入れ次第でほぼ永遠に栽培は持続可能なハーブの種類になります。 スペアミントの歴史は、江戸時代にオランダの商船から持ち込まれた植物だと言うことに由来して、別名 オランダハッ … “スペアミントの育て方 | ミントの栽培方法” の続きを読む