ビーツの育て方・テーブルビートの栽培方法

ビーツの育て方

ビーツの育て方・テーブルビートの栽培方法

ビーツの品種紹介

ビーツには呼び名がいくつかあり、「ビーツ」「ビートルート」「テーブルビート」「カエンサイ(火焔菜)」などとも呼ばれています。

このページでは「ビーツ」の呼び方で統一されています。
さて、ビーツはヒユ科の植物になり、肥大した根を食用とする野菜になります。
見た目は赤カブに似ていますが、分類ではほうれん草の仲間になり、
カットした断面は鮮やかな赤い色をしていて、赤紫の色素は、ベタシアニンというポリフェノールの一種になります。

ビートルートは、「食べる血液」と例えられるほど、栄養豊富な野菜になり、
東ヨーロッパではポピュラーな野菜として親しまれています。
ビーツの栽培は、比較的育てることが簡単な部類の野菜になりますので、
気軽に家庭菜園で栽培することができます。

SDGsの取り組みとしても、家庭菜園で野菜を育てることは、
食糧問題の自給自足にも繋がりますし、食品ロスに対する考え方も変ってくることと思います。
植物を育てることは、環境問題への取り組みのひとつになりますので、
家庭菜園で野菜を育てる楽しむを体感しましょう。

目次

ビーツの種蒔き

ビーツの種を、連結ポット(育苗ポット)に蒔きました。
連結ポットは、種蒔きから苗の育成まで、ビーツ栽培の管理がしやすいので、
種蒔きから苗の栽培までは、連結ポット(育苗ポット)で行うことをお勧めします。

ビーツの種蒔き
ビーツの種蒔き

ビーツの種は、マス目ごとに3粒程度ほど蒔いて、一番育ちが良い発芽した芽を残して後の芽は間引くようにします。
種蒔きから発芽、そして苗までの栽培は半日陰で風通しの良い場所で育てるようにします。

家庭菜園で育てるビーツは、種蒔きから育てた方が、
畑でもプランター栽培でも、育てる株の数を調整できますので、
自宅の栽培スペースを考慮して、種を蒔く量を計画しましょう。

発芽したビーツの芽
発芽したビーツの芽

写真は、種蒔き後、発芽したビーツの芽になります。
種蒔きからおよそ二十日後になります。
後は一番育ちの良い芽を残して残りの芽は間引くようにします。
そして育ちの良い芽をこのまま育てて、もう少し苗が大きく育ったら新たに植え付けを行うようにします。

目次へ戻る

ビーツの苗の植え付け

育苗ポットからプランターへ植え替え

連結ポットで発芽したビーツは、ある程度の大きさに育った段階で、
プラスチックプランターに植え付けました。
ビーツの苗の植え付けに使用した用土は、一般的な野菜用の用土を使いました。

ビーツの苗の植え付け
ビーツの苗の植え付け

ビーツの苗の植え付けは、10cm程度の間隔で植え付けました。
株間は育てるビーツの品種によって違いがありますので、
植え付けの株間は品種情報を目安に決めるようにします。

また、株の間隔が狭くなると、やがて苗が成長して来ると、
葉が混みあってきてしまうことがありますので、株間は適度な間隔を空けて植え付けます。

また、連結ポットから取り出した苗の根に付いている土は付いたままにして、
そのままの状態で植え付けるようにして、根にダメージを与えないように注意します。

苗の植え付けが完了したら後はたっぷり水を与えて作業は終了です。
後は日当たりが良く風通しの良い環境にプランターを置いて栽培を継続して行きます。

ビーツの苗の植え付けから約一月半後
ビーツの苗の植え付けから約一月半後

写真は、ビーツの苗の植え付けから約一月半後の株の様子です。
草丈が高くなり葉も青々と大きく茂っています。
後は、根が肥大化してくれば収穫の時期になります。

目次へ戻る

ビーツの収穫

家庭菜園の最大の醍醐味は、何と言っても種や苗から育てた野菜を収穫することですね。
小さな種から大きく育ったビーツを収穫できる喜びは、育てた本人しか解らないところです。

ビーツの肥大化した根
ビーツの肥大化した根

ビーツは肥大化した根を食用とします。
ビーツの収穫時期は、根が肥大化して来るのが確認できれば収穫時期の目安になります。
収穫したビーツは、サラダやボルシチなどの料理で調理することが出来ます。

目次へ戻る

ビーツの害虫駆除と病気の治療

ビーツのアブラムシ対策とうどんこ病の治療

ビーツの栽培では害虫や病気の被害にあうことがあります。

住友化学園芸のベニカマイルドスプレーは、オーガニック栽培で使用可能な食品成分から生まれた殺虫殺菌剤ですので、ビーツを始めとする家庭菜園においても安心して使えますのでお勧めです。

ベニカマイルドスプレー
ベニカマイルドスプレー

ベニカマイルドスプレーは、アブラムシやハダニ対策の他に、うどんこ病の治療にも効果を発揮しますので、
ビーツ栽培の害虫駆除と病気治療としてオススメの殺虫殺菌スプレー剤になります。

目次へ戻る

ビーツの肥料

ビーツの栽培では追肥を与えることが大切です。
固形肥料は、効果に持続性がありますので、肥料の管理が楽になりますので固形肥料を追肥で与えることがお勧めです。

マイガーデンベジフル
マイガーデンベジフル

住友化学園芸のマイガーデンベジフルは、野菜や果樹などの栽培に適した固形タイプの肥料になり、肥料の効果はおよそ、3カ月程度持続します。

マイガーデンベジフルは、土の上に固形肥料をばら蒔くだけで、肥料成分が効いてくれますので簡単にビーツに追肥を与えることが出来ます。

ビーツに追肥を与える時期は、苗の植え付け後、株の育ち具合を目安に固形肥料を追肥で与えるようにします。
目次へ戻る

ビーツを料理で使う

ビーツの肥大化した根は、料理で使うことが出来ます。
赤い色が特徴的なボルシチは、ウクライナの郷土料理になります。

ビーツを使ったボルシチ
ビーツを使ったボルシチ

以前から、ボルシチを作ってみたかったのですが、ビーツがなかなかスーパーで売っていなかった為、どうせなら自分で育ててみようと思ったのが栽培のきっかけでした。
ボルシチは、世界三大スープに取り上げられるほど世界では人気がありポピュラーなスープになります。
本場のウクライナでは、いかに真っ赤にボルシチを作るかにこだわって調理されており、家庭料理におけるスープの定番とされております。

ボルシチのレシピは検索すればたくさん出てきますので、自分の気に入ったレシピを見つけて調理することをお勧めします。
ボルシチは、世界三大スープのひとつとされてはいますが、調理はそれほど難しい料理ではありませんので、ビーツの料理として特にお勧めする一品です。

ビーツのサラダ
ビーツのサラダ

また、ビーツは生のままで、カットしてサラダとして食べることも出来ます。
真っ赤なビーツの切り口は、緑色が主体のグリーンサラダにとても映えますので、
普段食べているサラダとは違った印象を与えてくれます。

目次へ戻る