パセリの育て方 | ハーブの栽培方法

パセリの育て方

パセリの育て方

パセリは、セリ科の二年草に属するハーブの仲間になります。
二年草とは、春に植え付けた植物が、翌年に開花して花が結実し、種子を残して枯れていく植物のサイクルになります。

パセリは、18世紀末の日本にオランダ人によって持ち込まれたとされ、和名ではオランダゼリ(和蘭芹)とも呼ばれています。

パセリはみずみずしい濃い緑色の葉をしていて、葉は縮れておりカールしているのが特徴になります。
葉は料理に添えられて、抗菌作用、殺菌作用があるとされています。

目次

パセリの植え付け

ガーデンセンターで購入したパセリの苗を植え付けました。

パセリの苗の植え付け
パセリの苗の植え付け

植え付けには8号の素焼きの鉢を使いました。
植え付けに使用した土は、一般的な野菜などの用土です。
鉢の底にはあらかじめ赤玉土を入れて、水はけがよくなるようにしています。

パセリの植え付けが完了したら、後は日当たりが良く風通しの良い環境で育てていきます。
パセリは病気や害虫に強く、栽培環境が良ければ葉をたくさん収穫できますので、気長に栽培を継続させましょう。

目次へ戻る

パセリの葉

パセリの葉は、カールして縮れているのが大きな特徴になります。

パセリの葉
パセリの葉

カールした濃い緑色の葉は、水分を多く含み、みずみずしい葉になります。
葉には抗菌作用、殺菌作用があり、料理に飾り付けられている理由は単なる飾りだけではないということです。

目次へ戻る

パセリの葉の収穫

パセリの葉は、料理などで使うことが出来ます。
収穫は、茎の先端に付いている若くて柔らかい葉を収穫するようにします。

収穫したパセリの葉は、サンドイッチやハンバーグなどの料理に添えて飾り付けます。
また、パセリの独特な香りは料理の口直しとしても人気があります。

目次へ戻る

パセリの花

パセリは、植え付けから翌年の春になると、茎がとう立ちして蕾を付けるようになります。
蕾はやがて開花して小さな花を大量に咲かせます。

パセリの花
パセリの花

パセリは2年草になりますので、とう立ちして開花し、種子が出来るとやがて枯れていきます。
栽培を少しでも長く継続させるには、とう立ちした花茎を摘み取ると、株のエネルギーは開花と結実のために消費されなくなりますので、葉の収穫を継続できます。

目次へ戻る

パセリの追肥

パセリは、定期的に追肥を行うことが効果的です。
追肥の時期は、3月、6月、9月あたりが適した時期になりますので、固形肥料を与えるようにしましょう。

目次へ戻る

パセリの冬越し

パセリは、2年草になりますので、植え付けをしたその年の冬は越冬することが出来ます。

冬越し中のパセリの鉢植え
冬越し中のパセリの鉢植え

パセリは耐寒性がありますので、そのまま屋外で冬越しすることが出来ます。
そのため、鉢植えでも室内に入れる必要はありませんのでそのまま外で栽培を継続させます。

目次へ戻る

パセリのとう立ち

パセリは、セリ科の二年草になりますので植え付けてから翌年の春になるととう立ちします。

パセリのとう立ち
パセリのとう立ち

とう立ちしたパセリは、やがて蕾を付けて開花し、花が咲きます。
花はやがて結実して種子を作ります。
種子が作られてパセリの株はやがて枯れてしまいます。

とう立ちしたパセリの株を、少しでも長く栽培を継続させるには、
とう立ちした花茎を摘み取り、花を咲かせないようにすることが大事です。

開花と結実をさせないようにすることによって、株は葉を茂らせることにエネルギーを廻すようになりますので、花茎は早めに摘み取るようにします。

それでもやがて株は、とう立ちの頻度が高くなり、葉は食用に向かなくなってきますので、新たに種を蒔くか、苗を購入して栽培を初めからやり直すことが大事です。

目次へ戻る