レモンを育てる | 果樹の栽培

レモンを育てる

リスボンレモンを育てる

Lisbon Lemon Tree

レモンは ミカン科 ミカン属 に属する常緑低木の仲間になります。
常緑低木になりますので、冬になっても葉が紅葉したり、枯れて全て散って落ちることはなく、葉は年間を通して緑色になります。
また、低木に属しますので、鉢植えでの栽培では樹高はそれほど高くは育ちませんが、地植えではそれなりに大きく育ちます。

レモンは、インドが原産地とされてはいますが、現在では世界各地でたくさんの品種が栽培されています。
そして気候を選ばず比較的育てることが容易であることから、果樹の園芸品種としても人気があります。

趣味の園芸においても、自宅の庭に植えて収穫を楽しめる果樹の中でも、レモンは特に人気があります。
日本の気候でも特に難しいことは無く、家庭菜園でも日当たりが良く適切に肥料が施された環境下では、毎年、たくさんのレモンの果実を収穫することも出来ます。

この項では、原産地がポルトガルになる「リスボンレモン」の品種の栽培の記録を掲載しております。
苗の植え付けから収穫まで、年間を通したレモン栽培のポイントやコツなどを掲載しております。

目次

レモンの新苗の植え付け

リスボンレモンの苗木を購入して早速植え付けました。
この品種は日本では人気のある品種のようで、国産レモンでの主流品種のようです。

リスボンレモンの植え付け
リスボンレモンの植え付け

鉢は丸型のプラスチックタイプのポットになります。
直径は約30cmで高さは29.5cm、土は11リットルほど入れられます。

レモンの植え付けは11月に行いました。
用土は一般的な花や野菜用の園芸用土を使っています。
植え付け後は日当たりが良く、風通しの良い場所に鉢を置いて栽培スタートです。
目次へ戻る

レモンの花

レモンのは花、春に開花が始まり白い花を咲かせます。
他の柑橘系の果樹の花と同じような花形になり、グレープフルーツや柚子などの花と似ています。

レモンの花
レモンの花

株の大きさに対して蕾が多く付いていると感じる場合は、摘蕾して蕾を落とすことが有効です。

レモンの果実はひとつの実がなるのに葉が25枚程度必要とされますので、花がたくさん咲けば実もたくさん収穫できるということではないので、摘蕾して蕾の量を調整しつつ花を咲かせることが有効です。
目次へ戻る

レモンの実の収穫

リスボンレモンは自家結実性であるため、1本でも実を付けることが出来ます。
レモンの実は、果実1個に対して葉が25枚必要と言われています。
そのため、レモンの実が葉の数に対して多く付いている場合は、小さなうちに摘果して実を取り除くようにします。

レモンの実は初めは濃い緑色をしていますが、熟して来ると段々と黄色に変色していきます。
収穫時期は10~12月頃で、開花後からおよそ6カ月程度で実を収穫できるようになります。
収穫のタイミングは果皮が緑から、鮮やかな黄色へと変化した頃合いが収穫時です。
開花から収穫まで約半年ほどかかりますので、気長にレモンの実が熟すのを待ちましょう。
目次へ戻る

レモンの肥料

レモンの栽培に限らず、実のなる植物の栽培では追肥が大事です。
苗の植え付け時に使用した一般的な園芸用土には、もともと肥料成分が含まれている商品が多いので、苗の植え付けから2カ月程度の期間は追肥の必要はありません。

マイガーデンベジフル
マイガーデンベジフル

レモンに与える追肥は、住友化学園芸の「マイガーデンベジフル」という商品名の固形肥料を使っています。
「マイガーデンベジフル」は、株元にばらまくだけで肥料の有効成分を株に届けることが出来ますので、追肥の作業の負担を大いに軽減してくれますので、オススメの肥料になります。

鉢植えの場合では、基本的に年4回追肥を与えることが有効ですので、
3月、6月、9月、11月を目安に肥料を与えるようにします。
「マイガーデンベジフル」の肥料の有効成分は、約3カ月程度持続しますので、
上記の月を目安に施肥をするようにします。
目次へ戻る

レモンの枝の剪定

レモンの枝の剪定は、3月に行うようにします。
鉢植えでの栽培では、樹形を整える程度の剪定が理想です。
樹形はいわゆる主幹形になるように剪定を行います。

樹形の形は一般的な果樹の栽培と同様に、株全体に日が当たりやすい形に整えることが理想です。
交差している枝や下方向に伸びている枝混みあった枝や枯れ枝、葉のない枝など切り落とし、枝を切り詰めるようにして樹形を管理します。
また、枝を長く切りすぎないように注意することも大切です。

残す枝のポイントとしては、春に伸びてきた枝は、カットしないように気をつけます。
新しい枝を残しておくと、翌年の春に花をつけ、実がなっていくはずです。
前年に伸びて実をつけ終えた古い枝は、剪定してかまいません。
目次へ戻る

レモンの害虫駆除と病気の予防

レモンの栽培で特に気を付けるべき害虫は、なんといってもテッポウムシですね。
カミキリムシの幼虫はテッポウムシとも呼ばれ、レモンなどの幹に丸い穴を開けてしまいます。

やがてテッポウムシは幹の中をトンネル状に食害していき、幹に空けられてしまった穴からは、木くずや糞が排出されます。
テッポウムシの食害が進むと、枯れて株が枯死してしまうこともありますので注意が必要です。

テッポウムシの食害
テッポウムシの食害

テッポウムシの駆除には、住友化学園芸の園芸用キンチョールEがおススメです。
専用ノズルを空けられてしまった穴に入れることで、効果的に害虫を駆除できますのでテッポウムシの駆除は早期の対策がとても大切であり、有効です。

園芸用キンチョールE
園芸用キンチョールE

レモンに発生する病気は、特に注意するほどの病気は無いように思えます。
しいて上げるとすれば「かいよう病」がありますが、それほど被害が深刻になるケースはあまりないと思えます。
目次へ戻る

レモンの増やし方

レモンは、接ぎ木や挿し木で株を増やすことができます。
一般的にはカラタチを台木にして接ぎ木で増やすことが多い印象ですが、挿し穂を使った挿し木でも増やすことは出来ます。
目次へ戻る

レモンの冬越し

レモンの木は、鉢植えでもそのまま屋外で越冬することが出来ます。
特別な寒冷地を除き、ある程度の寒さには対応が出来ます。
ただし、積雪時などでは鉢植えに積もってしまった雪は取り除いてあげるようにします。

冬越し中は、株は休眠状態となり成長はほぼ止まります。
冬季においては水やりは、鉢植えの土が乾ききる前に水を与えるようにして、分量は鉢底から少し流れ出る程度の水を与えるようにしましょう。
目次へ戻る

レモンを料理で使う

収穫したレモンの実は料理やドリンクに使うことが出来ます。
採れたてのレモンはとてもフレッシュで爽やかな風味が特長です。
自分で栽培することによって、新鮮なレモンをすぐに料理に使えるところが良いですね。

レモンを料理で使う
レモンを料理で使う

料理の種類としては、魚料理ではソテーやムニエルに添えたり、肉料理では揚げ物に添えたり、ドリンクでもレモネードやレモンティーなどに使われており、
たくさんの料理でレモンは相性がよく、レモンの輪切りや絞った果汁などの使用頻度はとても高いですね。
目次へ戻る

レモネード

レモンを使ったドリンクではレモネードはとても人気がありますよね。
アメリカでは子供たちがレモネードスタンドで作ったレモネードを、大人たちが協力して購入する光景をしばしば見かけます。
レモネードスタンドの取り組みは、子供たちにビジネスの考えや、
チームワークの必要性を学ばせる良い機会になると考えられています。

レモンを使ったドリンク「レモネード」
レモンを使ったドリンク「レモネード」

さて、レモネードのレシピとしては、
冷水にレモン果汁とハチミツを加えて炭酸で割るだけのシンプルな物です。、
レモンの酸味とハチミツの甘さ、そして、さっぱりした炭酸が絶妙なソフトドリンクの種類になります。

レモンの栽培では木が大きく育ってくると、収穫できる実の量も増えてきますので、レモネードをたくさん作って、ドリンクで消費することもオススメです。
子供たちにレモネードを作らせて大人たちが積極的に買ってあげれば、子供たちにとってはお小遣い稼ぎの良い経験が得られますよ(笑)
目次へ戻る