月下美人を育てる 果樹の栽培

月下美人を育てる

月下美人を育てる

月下美人は、サボテン科 クジャクサボテン属に属する多肉植物の仲間になります。
メキシコの熱帯雨林地帯が原産地となり、ドラゴンフルーツと原産地が同じですね。
月下美人もドラゴンフルーツと同様に、花が開花して結実すると実がなりますので、一応果樹のカテゴリーに分類しました。

月下美人の特徴は、何と言っても夜に花が咲くことですね。
花は白く大輪で咲き、とても美しい花形で咲きますので、開花した様子は素晴らしいです。
また、花を咲かせることはなかなか難しいため、栽培難易度の高い植物であると言えます。

月下美人の栽培に関しては、初心である筆者が実際に月下美人を育てて、
開花するまでの様子を観察しながら、気付いた栽培のポイントなどを記載してみようと思います。

目次

月下美人の植え替え

8号鉢で育てていた月下美人の株を、茶色のプラスチックポットに植え替えました。
植え替えの時期は、5月の初旬になります。
プラスチックポットの直径は35cmで、高さは34cm、土の容量は17リットル入ります。
このプラスチックポットは、ホームセンターの園芸コーナーで用意しました。

月下美人の鉢植え 8号鉢
月下美人の鉢植え 8号鉢

8号の鉢植えでは何となく気長に栽培していただけで、なかなか花芽が付かずに、花芽が付いてもすぐに落ちてしまう状態でした。

そこでいよいよ大きめの鉢に株を植え替えて、今年こそは月下美人を開花させたいと言う希望を込めて、植え替えました。

月下美人の植え替え
月下美人の植え替え

ちなみに植え替えに使用した用土は、ホームセンターなどでよく売られている一般的な花や野菜用の用土です。
とてもリーズナブルな価格の用土ですので、普段からよく使っております。

また、植え付け時には鉢にあらかじめ鉢底石を入れております。
鉢底石は、水はけがよくなりますので、赤玉土よりも鉢底石を使うことが多いですね。

植え付けが完了したら、後は日当たりが良く風通しの良い環境で栽培スタートです。
鉢が大きくなったことで株も更に大きく成長してくれるでしょうから、近いうちに花が咲いてくれれば嬉しいですね。

目次へ戻る

月下美人の花

月下美人の花の写真です。
真っ白で大輪で咲く様子が見事ですね。
また、芳香も強く開花すると、とても良い香りがあたりに漂います。

月下美人の花
月下美人の花

8号の素焼きの鉢から大きめのプラスチックポットに植え替えてから、約二月後に咲いてくれました。
これほど短期間で咲いてくれるとは思っておりませんでしたので、嬉しい限りです。

この月下美人の花の写真は、室内に鉢植えを入れて照明の下で撮影しました。
そのため、写真全体が明るく写せているかと思います。
近いうちに夜の風景の中で撮影した月下美人の花の写真も追加予定となります。

ちなみに月下美人の花は、エディブルフラワー(食用花)として、食べることができるようです(笑)
食べ方としては、咲いた月下美人の花を焼酎につけたり、茹でたり揚げたりして食べられるようですが、そのような知識が無かったので、少し花を食べることに抵抗感がありますが、どうでしょうかね?

ちなみに月下美人の花を食べる場合は、有機栽培で栽培する方が安全ですよね。
そのためには、化学肥料や農薬は使わないようにする必要が有りますので、
月下美人の食べ方は、もう少し育て方を色々調べてからチャレンジしてみようと思います。

目次へ戻る

月下美人の茎と葉

月下美人の茎は葉状茎と呼ばれ、株元から細長い鞭状の茎が伸びます。
葉は、他の多肉植物と同様に水分を多く含んでいます。
月下美人の場合、挿し木はこの葉を土に挿して挿し木を行います。

月下美人の挿し木はとても簡単に挿し木が行えますので、株を増やすことが容易です。

目次へ戻る

月下美人の冬越し

月下美人は冬季は室内で越冬させるようにします。
なにせ原産地はメキシコの熱帯雨林ですので、日本の寒さには弱いです。

冬越しは、鉢植えを室内に入れて観葉植物と同じような感じで育てています。
室内でも少しでも暖かくなる環境を見つけると良いですね。

ちなみに冬になっても外で栽培を続けていると、枯れてしまう可能性が高いです。
気温が下がると葉が黄色く変色して枯れだし、やがては株全体にダメージが広がってしまいますので、冬季は早めに室内に入れるようにします。

目次へ戻る

月下美人の増やし方

月下美人は挿し木で容易に増やせます。
葉の中央付近でカットして、半分の大きさ程度の切り取った葉を、後は土に挿すだけです。
挿し木した後は、土が乾ききる前に水を与えるようにして、半日陰で管理すると挿し木の成功率が高くなります。

月下美人の挿し木は、ドラゴンフルーツの挿し木と同様に、挿し木はとても簡単に根付きます。
月下美人とドラゴンフルーツ以外のサボテンの栽培経験はないのですが、
多肉植物の挿し木はもともと成功率が高めなのか、気に入ったサボテン品種がみつかれれば検証してみたいです。

目次へ戻る

月下美人の肥料

月下美人は何と言っても追肥次第で花が咲くと思います。
とにかく、今回の優先事項は花を咲かせることでしたので、それならばと、肥料はバラで使っている物を使ってみました。

ちなみに液肥も使いました。
液肥はとても有効であったように感じます。
植え付け時の用土には、あらかじめ肥料成分が含まれている物を使用しましたので、植え付け後は固形肥料ではなく液肥を中心に与えていました。

そのおかげか、植え替えから二月程で開花してくれました。
バラの液肥の成分が良かったように思えます。

固形肥料も液肥も、たくさんあげればあげるほど良いとは言えませんので、
追肥を与える時期や肥料の量は、肥料の取り扱いの項目を参照しながら適量を与えるようにしましょう。

目次へ戻る

月下美人の仕立て

月下美人をオベリスクを使って仕立てております。
朝顔などで使う行灯でも良かったのですが、すこし支える部分が細くて頼りなかったので、
薔薇などで使うオベリスクの方が太くて丈夫だと感じまして、オベリスクを使って月下美人を仕立てました。

月下美人の仕立て オベリスク
月下美人の仕立て オベリスク

個人的には月下美人はオベリスクを使って仕立てた方が、見た目でも良いかなと思います。
バラの誘引でオベリスクは良く使っておりましたので、月下美人の仕立ても思いの外スムーズに行えそうです。

目次へ戻る

月下美人の病気予防

育てている鉢植えの月下美人は、幸いなことに今のところ、目に見えて病気が発生したことはないと思われます。

病気にかからないように気を付けている点は、日当たりが良い所に鉢を置くこと。
風通しが良い所でさいばいしているところ。
土が乾ききる前には必ず水を与えていること。
そして冬季では室内に鉢植えを入れて、観葉植物と同じように冬越しさせています。

それくらいのポイントですが、今のところ目立った病気にかからず順調に育ってくれています。
何かしらの病気が発生してしまったら、あらためて記載してみようと思います。

目次へ戻る

月下美人の害虫駆除

さて、月下美人の栽培では害虫の食害に遭うことがあります。
代表的な害虫はなんといってもナメクジですね。
ナメクジは、月下美人の葉を食べます。

ナメクジは、夜行性ですので日中に活動することがほぼありません。
そのため、ナメクジの食害に頻繁にあってしまう場合は、ナメクジ用の害虫駆除剤を用いるか、夜でも見回りを強化する必要が有ります。

目次へ戻る