小カブの育て方・小カブの栽培方法

小カブの育て方

小カブの育て方・小カブの栽培方法 小カブの品種紹介 小カブは、アブラナ科 アブラナ属 の一年草になります。 原産はヨーロッパから中央アジアが原産地とされています。 日本では、古事記や日本書紀にも記載されるほど、栽培の歴史は古く、 古来よりカブの栽培は日本で定着してきました。 小カブは、はつか大根と似ている野菜になりますが、 小カブは、アブラナ科 アブラナ属、はつか大根は、アブラナ科ダイコン属に属します。 小カブは、丈夫で育てやすく、プランターでも栽培しやすいので、家庭菜園での野菜作りにおいて、人気がある品種になります。 小カブの収穫時期は、およそ50日程度で収穫出来ますので、短期間で野菜の栽培 … “小カブの育て方・小カブの栽培方法” の続きを読む

ブラックカラントの育て方 カシスの栽培方法

ブラックカラントの育て方 カシスの栽培方法

ブラックカラントの育て方 カシスの栽培方法 ブラックカラントは スグリ科 スグリ属 に属する果樹になります ブラックカラントは、クロスグリ(黒酸塊)、クロフサスグリ、カシス、 などとも呼ばれており、英語読みでは「ブラックカラント」、フランス語読みでは「カシス」と呼ばれております。 樹形は落葉低木になり、樹高は1.5メートル程度に育ちます。 果実は小さな濃い紫色の球形で、房のように連なって実がなります。 ブラックカラントは、レッドカラントと同様に、病気や害虫に強く、育てやすい植物になり、特にヨーロッパでは人気のある果樹になります。 ブラックカラントの実は、酸味が強く生食向きではありませんが、ジャ … “ブラックカラントの育て方 カシスの栽培方法” の続きを読む

はつか大根の育て方・ハツカダイコンの栽培方法

はつか大根の育て方

はつか大根の育て方・ハツカダイコンの栽培方法 はつか大根の品種紹介 はつか大根には品種がいくつかありますが、一般的にはラディッシュの名前で同一視されています。 はつか大根は、アブラナ科ダイコン属の一年草になります。 原産はヨーロッパになり「ラディッシュ」と言う呼び名でも有名です。 はつか大根は、球形小型で2cmほどの鮮紅色の大根になります。 はつか大根は、収穫までおよそ20日程度であることが名前の由来とされておりますが、 はつか大根の収穫は春と秋では、およそ30日から40日前後で収穫が出来ます。 はつか大根品種は、丈夫で育てやすく、プランターでも栽培しやすいので、 家庭菜園でも特に親しまれてい … “はつか大根の育て方・ハツカダイコンの栽培方法” の続きを読む

ソラマメの育て方 そら豆の栽培方法

ソラマメの育て方

ソラマメの育て方 そら豆の栽培方法 ソラマメの品種紹介 ソラマメ(そら豆)は、マメ科ソラマメ属 の一年草になります。 地中海沿岸から中央アジアにかけてが原産地とされています。 ソラマメノの名前の由来は、さやが空に向かってつくため「空豆」、 または、さやの形が蚕に似ていることから「蚕豆」、などと呼ばれています。 ソラマメの栽培は、家庭菜園においても、とても人気のある野菜になります。 家庭菜園初心者でも、そら豆の栽培はそれほど難易度は高くはありませんので、 収穫したソラマメは、そのまま塩茹でしたり、炒め物にしたりと、料理の種類も豊富ですのでお勧めします。 家庭菜園での野菜作りは、SDGs(エスディ … “ソラマメの育て方 そら豆の栽培方法” の続きを読む

ビーツの育て方・テーブルビートの栽培方法

ビーツの育て方

ビーツの育て方・テーブルビートの栽培方法 ビーツの品種紹介 ビーツには呼び名がいくつかあり、「ビーツ」「ビートルート」「テーブルビート」「カエンサイ(火焔菜)」などとも呼ばれています。 このページでは「ビーツ」の呼び方で統一されています。 さて、ビーツはヒユ科の植物になり、肥大した根を食用とする野菜になります。 見た目は赤カブに似ていますが、分類ではほうれん草の仲間になり、 カットした断面は鮮やかな赤い色をしていて、赤紫の色素は、ベタシアニンというポリフェノールの一種になります。 ビートルートは、「食べる血液」と例えられるほど、栄養豊富な野菜になり、 東ヨーロッパではポピュラーな野菜として親し … “ビーツの育て方・テーブルビートの栽培方法” の続きを読む

シソの育て方 | 紫蘇の栽培方法

シソの育て方

シソの育て方・紫蘇の栽培方法 青ちりめんしその品種紹介 しそ(紫蘇)には品種がいくつかあり、「青シソ(大葉)」「赤シソ」「青ちりめんしそ」「赤ちりめんしそ」などの品種があります。 このページでは主に「青ちりめんしそ」の育て方を記載しております。 青ちりめんしそは、シソ科シソ属に属する一年草になり、葉が縮れた種類のシソの品種になります。 一年草になりますので、冬を越して栽培することはありません。 一般的には、春に種を蒔き、夏に生育は最盛期を迎え、葉の収穫は秋までとなり、冬には株が枯れて栽培は終わります。 青シソや赤シソの栽培は、比較的育てることが簡単な部類の植物になりますので、 気軽に家庭菜園や … “シソの育て方 | 紫蘇の栽培方法” の続きを読む

レッドカラントの育て方

レッドカラントの育て方

レッドカラントの育て方 レッドカラントは スグリ科 スグリ属 に属する果樹になります 和名では フサスグリ(房酸塊)、または アカフサスグリ と呼ばれています。 樹形は落葉低木になり、樹高は1メートル前後に育ちます。 果実は小さな赤色の球形で、房のように連なって実がなります。 フランスでは別名グロゼイユと呼ばれ、ラズベリーやブルーベリーなどのベリー系の植物と同様に、病気や害虫に強く、育てやすい植物になり、特にヨーロッパでは人気のある果樹になります。 レッドカラントの実は、宝石のルビーの様な色合いに似ています。 酸味が強く生食向きではありませんが、ジャムやゼリー、果実酒などの加工に人気があります … “レッドカラントの育て方” の続きを読む

イタリアンパセリの育て方

イタリアンパセリの育て方

イタリアンパセリの栽培 イタリアンパセリは、セリ科の二年草に属するハーブの仲間になります。 パセリと違ってイタリアンパセリの葉は平らで、パセリ特有のカールした縮れ葉ではありません。 セリ科特有の香りはしますが、パセリほどの強い香りはせずに、ソフトな香りがしますので、パセリよりも葉をたくさん使って料理に風味を加えることが出来ます。 イタリアンと言う名の通り、パスタやピザ、サラダなどの料理でよく利用されています。 このページでは、イタリアンパセリの育て方を、苗の植え付けなどの栽培記録の写真と共に掲載しておりますので、イタリアンパセリの育て方の一助としてご覧ください。 目次 イタリアンパセリの植え付 … “イタリアンパセリの育て方” の続きを読む

パセリの育て方 | ハーブの栽培方法

パセリの育て方

パセリの育て方 パセリは、セリ科の二年草に属するハーブの仲間になります。 二年草とは、春に植え付けた植物が、翌年に開花して花が結実し、種子を残して枯れていく植物のサイクルになります。 パセリは、18世紀末の日本にオランダ人によって持ち込まれたとされ、和名ではオランダゼリ(和蘭芹)とも呼ばれています。 パセリはみずみずしい濃い緑色の葉をしていて、葉は縮れておりカールしているのが特徴になります。 葉は料理に添えられて、抗菌作用、殺菌作用があるとされています。 目次 パセリの植え付け パセリの葉 パセリの葉の収穫 パセリの花 パセリの追肥 パセリの冬越し パセリのとう立ち パセリの害虫対策 パセリの … “パセリの育て方 | ハーブの栽培方法” の続きを読む

ノイバラ バラの育て方

ノイバラ(野茨)の栽培 栽培している薔薇の台木から野バラが芽を出してきました。 接ぎ木部分の台木となった部分から出た芽は台芽と呼び、台芽かきという作業が必要になります。 台芽かきとは、伸びてきた台芽を付け根から切り取るようにして取り除く手入れになります。 台芽は、接ぎ木した薔薇よりも強く成長してしまう為、放置してしまうと接ぎ木された薔薇品種の方が負けて、 台木のノイバラの木になってしまいますので、台芽は台芽かきをして早々に取り除くようにします。 また、薔薇の台木は、おそらくロサ・ムルティフローラという種類の野ばら台木のようです。 ロサ・ムルティフローラは、日本に自生する野ばらのトゲのない選抜種 … “ノイバラ バラの育て方” の続きを読む